〜箸の使い方編〜

〜箸の使い方編〜

合コンではふとした何気ない行動でお目当ての人に「育ちが悪そう」と思われているかも!それは箸の使い方や食事の仕方にあるかもしれません。箸をつけたものを食べずに、次の料理に箸を移す「移り箸」、お皿の中の料理を箸で探る「探り箸」、器を箸で寄せる「寄せ箸」、箸で人を指したり、振り上げたりする「振り上げ箸」、さらには箸をなめる「ねぶり箸」は以ての外です。食事の仕方は、男性が女子力の高さを図るポイントとしては、かなり大きなウエイトを持っているようです。

 

 

幼い時からの癖で、大人になってもうまくお箸を使いこなせないという人はいませんか?一品、一品しっかりと料理をつかむことができれば、食べ方も美しく相手に映ることでしょう。上のお箸を親指、人差し指、中指で持ちます。

 

 

そうすると自然に下のお箸は親指の付け根と薬指で固定されます。食べるときに動かすのは上のお箸だけです。箸先を揃えるとさらに綺麗。これで美しくお箸を持つことができます。

 

 

お箸が綺麗にもてたら、次は食べ方です。食事中に口元からクチャクチャと音を出すのは誰が聞いても不愉快なものです。会話に夢中になりすぎてつい口の中に食べ物がいっぱい入った状態で口を開いて話す人もいますが、これはもう最悪ですね。

 

 

せめてゆっくり飲みこんでから話すか、口元を隠す配慮を忘れないようにしましょう。食事の仕方は女子力はもちろん人間性が現れます。品格を問われるという点でも大切な場面です。お箸の国に生まれた女性として箸さばきは美しくありたいですね。